2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

獣医さん

昨日、ダーさん@主人が2頭を連れて獣医に行った。
坊@TESSのお薬を頼んであったので、取りに行ったついでに2頭を連れて行った感じなんだけど・・・

健康診断をしていただいたのかな。よくわかんないんだけど・・・

体温測定をし、ダックスによくあるという「ある日突然目が見えなくなる」という病気を先生はしきりに気にしてくださり見ていただいたとかで。
体重測定、体温測定をしていただき、前々からダーさんが気にしていたビスの前肢を見てもらったそうだ。
ビスはクーに比べ、前肢が湾曲しているというか、完璧なX脚である・・・

触診さえも嫌がるんだけど(普段からお散歩後のアンヨを拭く時も嫌がる)やっぱり関節が湾曲しているそうだ・・・
遺伝性のものなのか、それとも生活環境なのか、それは今となってはわからないみたいだけど・・・
仔犬時代に日光浴をさせていない室内犬にとにかく多くあるそうで、そういわれればユキも前肢がやけに開いている・・・
彼もあまり良いと言われる生活環境で育っていたわけじゃないし・・・

ビスに限っては「普段の生活をするに当たっては支障がない程度」だったのでヨシとして、他に大きな疾患も見当たらないとの事。
後はワクチンとフィラリア・・・
ワクチンは合計5頭・・・
1頭5500円(9種)で5頭分だからぁ~
ワクチンだけで27500円かよ!
さらにフィラリア検査及びお薬代・・・
春になったら「自己破産」しそうな我家だよ(ーー;)

多分、初めての獣医さんだったかもしれない2頭・・・
体温計をお尻に入れられてクーは虫状態になりダーさんにしがみつき離れないし、ビスはビビリなので「キャンキャンキャン!」と悲鳴をあげて、ますますクーを怯えさせ・・・大変だったらしい。
帰宅するなり健康状態を報告する前に「今度は一緒に行ってくれ・・・」と泣きを入れたダーさんであった・・・
bisscoo01.jpg

我家に帰宅して、お散歩でオシッコダーダーしてすっかり疲れ果て仲良しでネンネしている2頭です。
手前ビス、後ろがクー
とにかく2頭一緒にいるのが「当たり前」で・・・
スポンサーサイト

| 日記 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ビッちゃんとクーちゃん…

biss02.jpgビッちゃんcoo01.jpgクーちゃん

2005年、前のオーナーが結婚を理由に2頭のダックスを会社に持ってきた。結婚相手の男性=ダーさんの友人が「あまり犬好きではないらしい」が原因・・・
昨年10月に会社の優秀な番犬全然小さくないのに「チビ」と名付けられた大型犬が11歳で亡くなり、ダーさんがすっかり凹んでいたのも原因らしいんだけどさ・・・

2頭のペアのダックス+赤ちゃん2頭をいきなり「じゃ、よろしく!」と持ってくる無神経さにも度肝を抜かれたけど、その後「あの仔達は元気?」の一言もないのにもエビ反りモードである・・・

実際、我家にはカール15才、ユキ13才、坊13才がいて・・・
のんびり、それぞれの時間を過ごしていて・・・
1日の大半を寝て過ごしているような感じなんだけど、それはそれでゆったり、まったりした時間が流れていて・・・
今後、この仔達のケアなどにかかる費用や時間など、私の中でゆっくり組み立てていたわけで・・・

父が突然この世を去り、我家は3ワン、2人の家族になり・・・
ドタバタの葬儀やらなんやらの後、ダーさんが2頭のダックスを連れて家に戻るようになった・・・
2頭の赤ちゃん達はすでに、里親が決まり立派に巣立ち・・・
神経質に吠えっぱなしだった♀のクーも、ビビリの性格のビスも少し穏やかな顔になったとかで連れてきた・・・

ガリガリに痩せて、神経質そうにしていたクーは甘ったれでダーさんと常にアイコンタクトをしている賢い仔・・・
何をされてもなすがままですぐに仰向けになるちょっとビビリのビスは穏やかな性格の仔・・・
こんな可愛い仔達をあっさり、「じゃ!」と放棄してしまうその無神経さに「元オーナーは地獄へ落ちろ!」と思わず呪ってしまいたくなる・・・が、可愛い仔が我家に来たから、ヨシとするか・・・

が・・・
犬を飼う、ペットを飼う、飼育放棄された仔を保護する・・・
「ご主人って優しい方なのね~」と・・・
おいおい、「優しい」だけでは済まされないのだよ、現状は・・・
それにかかる「費用」を考えると実際頭が痛くなる・・・

4月には狂犬病やらワクチンやらフィラリアやら・・・
大きな坊だけでも、フィラリア代がかなりかかるし、何せシニアッコなので3頭には半年に1度の血液検査やら健康診断があり・・・プラス、坊の関節炎のサプリとか薬代とかがあり・・・そのうえ2頭のダックスかい!みたいな・・・(-_-;)

だけど、「やることだけはたとえ最低限でも」やってあげなければいけないと思う・・・
何かあってからの後悔だけは極力最小限にしておきたい・・・

毎朝、ダーさんの車にちょこんと乗り、私を見上げ「いってきま~っす!」とシッポを振り会社に出かけていく・・・
帰宅すると玄関で「ただいま~」と笑っている・・・

ま!要するに~!
ダーさん、「自分だけを見てくれる仔」が欲しかったんだな、と(笑)
3頭のじぃさん犬達と2頭のペア・ダックス・・・
ワンコ5頭との生活、今後どうなる事かまだまだわからないけど、頑張らないとね・・・
と、シニアッ仔担当の私は思うのであった・・・

| 日記 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。